Lully『Atys』

リュリの悲劇オペラ、『Atys(アティス)』のお仕事、
終了しました。
リハーサルは7月に2日間、8月にリハーサル+コンサート。
そして昨日が録音。

録音はなんと2日間のみ。
そのうちコーラスとオーケストラが入る部分は1日だけ。
予定時間内で終わるんだろうか・・・などと疑っていたものの、
なんのことなく6時間半で終了。チョキ
まあ、短時間という理由から、気持ちの上でも引き締まってたから
かえって効率よくいったのかも。
CDは来年4月発売の予定だとか。

さて、コンサートのほうは
去年に引き続きVendee地方のLogis『Chabotterie』で屋外で
コンサート形式での公演。
去年のBallet des Artsはダンサーも舞台演出ありだったのに、
お天気に恵まれず、急遽、隣村の公民館で上演。
とても残念でした。
でも、今年はしっかりお天気に恵まれて昼間は晴れ

と、安心していたら、8月とはいえ日没後はとっても冷え込みます。
屋外、かつLogisの周りは森と畑。
湿度が一気に上ってきて、楽器も楽譜もぶよぶよ~ん
終演直前の0時頃には凍えて、鼻をすすりつつ、
指も感覚がなくなってきたりして。
2晩とも背中に張ったカイロのおかげで、何とか生き延びれました。

コンサート前のリハーサルは舞台に巨大な日傘を何本もさして。
楽器に晴れを当てないように必死で避けながら。

陽だまりネコ『まるまりこ』-ChabotterieAtysRep1

照り返しが強いのでサングラス無しにはやってられません。


陽だまりネコ『まるまりこ』-ChabotterieAtysRep2
後ろにみえる屋根の下のいっぱい並んでる小さな穴は
小鳥さんたちの巣。
コンサートの間中、バックミュージック(?)を奏でてくれます。
ちなみにAtysの歌詞に『鳥の鳴き声が聞こえる』ってところがあるんですが、
1日目の公演でその瞬間ボスがこの小鳥さんの巣のほうを指差した途端に、
なぜか鳥がいっせいに鳴きやめたっていう事件がありました。
それまでずっとピーチクパーチクいってたのにね~


陽だまりネコ『まるまりこ』-cChabotterieAtysHugoR
頭を抱えてる?(イエ、まぶしいだけです)のがこのアンサンブルのボス。
ユーゴ・レーヌです。


陽だまりネコ『まるまりこ』-ChabotterieAtysChateau
お城の庭(Jardin Potagee)。
お庭の中だけでなく敷地中に果物、野菜がいっぱい栽培されてます。
陽だまりネコ『まるまりこ』-ChabotterieAtysPotagee

半分バカンス気分のお仕事、と言いたいところですが
やっぱり屋外で寒さと戦いながら、深夜までかかる3時間半の公演は
体力をつかいますね。





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード