へ??・・・(滞在許可証更新その3)

Prefecture、Centre d'Etudiantへ。
朝11時にRdv。今日は弁護士が一緒に来てくれることになった。
でも・・・弁護士さん、15分遅刻。
少し早めに着て入口の前で待ってたのでこの時点で30分の立ちんぼ。
それから中に入って、受付の列で1時間待ち。
やっと、受付にたどり着いたところで弁護士さんが交渉を始めた。
係官のおばちゃん、やたらにこやかで返答も丁寧。
(弁護士相手だと、全然態度が違う)
係官のおばちゃんが上の階に消えて
・・・きっと、ボスに相談しに行ってきたに違いない・・・
しばらくして戻ってきたところで、『とりあえず、1Fに上がって。』

またもや順番待ち。私の前に26人
・・・それも、お昼ご飯の時間がはさまって目の前で働いてる係官は3・4人のみ。
(待ってる私たちはご飯、当然抜きなワケよね)


待つこと2時間、ついにやってきた私の番。
係官のおねえさんに準備してきた紙束を出して、
またもや弁護士さんが交渉を始める。
それから係官が私の保存書類を捜しにいった。
。。。。で、内線電話でぼそぼそとなんか私の名前を言ってる。

弁護士曰く、『またボスに相談してるのよ』
でも、どうも様子がおかしい。
『書類が』どうのこうの…。『へ!』ない、見つからない?

そこで、弁護士が一言。
『書類の閲覧の予約を明日取ってあるから、
Citeの弁護士専用閲覧室の方に移動してるのかも』
(なんだと~、お前はアホか!)

係官のおねえさん、探しに出かけた。
待つこと30分。係官のおねえさんは手ぶらで戻ってきた。
『保存書類が見つからなければ、何もできないわ』
(が~~~~ん)

10日後に新たなアポをその場で取り直して、
今日のところはおしまい。
そう結局、何の進展もないまま。
この3ヶ月のストレスは今日で終わるはずだったのに。
またさらに10日間待てというのか!
がっかり。

それにしても、
コンピューターで全てがオンライン化されてるように見えて
現実にはどこもちゃんと接続されてないというのがよく分かるよね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード