~バロックの祈り~

20140510韮崎コンサートフライヤー


今日はそのメンバー全員そろっての、リハーサルでした。
充実した、素敵なコンサートになりそうな予感がしますね~

~バロックの祈り~

キャッチコピー・・・こんな感じはいかがでしょうか?

演奏する作品のボワモルティエにしても、ブクステフーでにしても
内容はに宗教曲だし、
マレの通称「鐘」も教会の鐘の響きだし、
バッハガンバやヴァイオリン付チェンバロソナタも
どことなく、内面から訴えてくるような音楽だし。

・・・ん、と。

私の口からぽろっとでた一言「祈り」

人は、常日頃、想いめぐらすことが多かれ少なかれあるものですよね。

それが祈りであったり、
独り言であったり、
会話に発展することもあるかも。

5月10日(土)にはそんなプログラムのコンサートを演奏する機会をいただきました。
場所は韮崎なので、東京からだと、ちょっと遠いけど…
もし、ゴールデンウィーク後のロングドライブをお楽しみになる予定の方いらっしゃいましたら、
ぜひとも韮崎もリストに入れてくださいな!!


洗礼を授けてくださった教会の神父さん、教会の信者さんたちがよく言ってたこと。
お祈りは教会に行かなくとも、どこででもできるものでしょって。
(いや、行けるならもちろん教会に行ったほうが落ち着くけど。。。)

音楽を祈りとして捧げるっていうのも、ありだよね。きっと。

仕事にかまけて、教会いくのサボってる不真面目な信者さんです。
ごめんなさい~
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード