ショパンなのだ!

ここのところ、ショパンづいてます。

理由はこれ→ 横浜古楽祭り 

第4部 アーリーダンス「カプリオル」の出し物なり。

ジョルジュサンドとショパンのお話は有名ですよね。

古楽なのにショパンというと、???のかたもいらっしゃるかもしれませんが、

オリジナル楽器での演奏と考えれば、あっても当たり前のこと。

だって、クラシック(19世紀)仕様にしたヴァイオリンと弓なら
当然あることでしょ!

なんて、お堅いこといってると、頭コチコチの理論家みたいになってしまいますね。

なんにしても、ただいまショパンピアノ曲をヴァイオリンにアレンジして練習中。
段々、面白くなってきて、いまはしっかりハマってます。
今回使わない、ほかの曲もアレンジしてみようかしら・・・

ヴァイオリンでの出場は、30分間のダンスとお芝居のなかの、約10分間の演奏です。
あとは「とり」さんだったり、ちょこっとだけ踊ったり。

きっと、あっという間の30分なんだろうな・・。



そうそう同じくこの日の第3部 ティータイム講演 で
しゃべるウチの相棒どののお手伝い楽隊で、ヴァロックバイオリン弾いてます。
ルネサンスのダンス、それも意外にリズムに困惑されるタイプのものを
厳選しているらしい・・・面白いですよ。

トゥールのルネサンスダンスのクラスに通ってた頃、みんなで、よく踊ったな~
進む方向間違えて、しょっちゅう隣とぶつかりそうになったりしてました。


しかし、仕事量減らしてるはずなのに、全然楽になったような気がしない。
疲労がたまってしまってるのが、少々、つらいところです。

こ~んなふうにゴロン、ゴロンしてみるといいのかしら?

ごろん1
ごrん2
ごろん3
ごろん4

ティーがー君の平和な日々のために、かーちゃん、がんばるで!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード