スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質より量


とある眼鏡屋の(勿論フランスの眼鏡屋さんね)のうたい文句で、

1本注文すると、+1ユーロであと2本オマケexclamation


そう、メガネなしになってしまって、緊急にを作らなければならない
羽目になってしまった私は、しっかり、のせられて、
この眼鏡屋さんに入ってしまいました。

1本目のフレームを選んでレンズ圧縮などを決めるとお会計。
そこで+1ユーロするかどうか決めます。
あとの2本の条件はこの眼鏡屋さんのオリジナルコレクションから選ぶこと。
このうち1本は最初に選んだのと同じ条件のレンズ、
2本目がサングラス、勿論ド入りです。


注文して5日で3本ともできてきました。


でもね・・・
最初に注文するときも眼科の処方箋の紙を一枚見せただけで、
細かい見え具合の調整とかなし。
メガネを受け取りに行って、かけ具合の調整をしてもらうんだって、
ホイッて渡されて、かけてみて、正面から見てズレ落ちてなきゃOK。
ここがあってないって指定して、直してもらおうとしても、チチチって
言われたところをちょっと動かしてみるだけ。

家に帰ってあらためて見直してみると、
私のド近眼・ド乱視の右目のレンズは素晴らしく飛び出してみえる上に
レンズの角を削ってないから本当にすごいビン底。
勿論、3本とも。
サングラスはプラスティックフレームなのであまり目立ちませんが、
その代わり、ちゃんと調整してくれてないので鼻にうまくかかりません。
いや、日本人の鼻にはあってないだけなのか・・・

スイスで作ったときは日本ほどじゃないけど、もうちょっと
ちゃんと調整してくれたぞ。


メガネにはフランスの公共保険、個人保険がきくからといっても、
たいした額じゃなし、こんなことだったら日本で1本だけ、
本当に気に入ったものをきちんと調整してくれる眼鏡屋さんで
作った方が断然いい!


メガネは量より質を選びましょう!!!


☆比較写真、アップしました。レンズに御注目あれ。
写真1 以前、スイスで作った眼鏡
写真2 出来上がってきた眼鏡2本
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。