スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルさんの名前は・・・『プラテー』

あれから10日、ようやく疲れが回復してきました。

ラモーのオペラ『プラテー』の公演、2月8,9日に渋谷のさくらホールでした。
舞台上はとても華やかな色使いで、演出も年齢層に隔てなく楽しめる、超“お笑い”系に仕上げられていて、
ダンス、歌と見事な融合ができていた舞台だったといえるでしょうね。

しかーし・・・

平穏に新年を迎えて、2012年はへいわだ・・・などと思っていたのに、
1月3日からの大騒動は結構、堪えましたね~

正直言って、ラモーのオペラ『プラテー』を日本でやるなんて、思いもしなかった。
さすがに急に譜って沸いたお話だけあって、それだけのリスクと、無理がありましたが。
大体、オペラをたったのひと月で人集めて、譜読みして、パート譜作ってやる条件のオーケストラ自体、
あり得ない話ですが・・・

そのむちゃくちゃな無理を聞いてくださったオケ・メンバーの皆様、本当に本当に心から感謝デス!
そのうえ、このきつーい性格の私の、やりたい放題コンマスにお付き合いいただくことになってしまって、
もう、アタマをどれだけタタミにこするつけてお詫びしても、足りないくらいデス。

なによりも、今回歌手の方々の個々のリハーサルから、合唱、舞台練習、そして本番当日まで
ずーーーっと『プラテー漬け』でがんばってくれたTちゃん。ほとんど眠る暇のないひと月だったはずです。
本当にありがとうございました。
彼女がいなかったら、この公演はまず、実現しなかったでしょうね。


いきなり引き受けたお仕事だったのもあって、予定していたお仕事を休むわけにもいかず、3本、4本立てで走り回っていた私は
結局はこのひと月間、もともと少なかった睡眠時間がさらに激減。
久しぶりに電車の中で立ったまま、こっくりこっくりしちゃいました。(笑い)
歩いていても半分眠っている状態だったので、自転車のるのも控えました。



この『プラテー』のために“日本”という場所をエサに、ほとんど拝み倒して
フランスから来てもらったオーボエのG君。
ジュネーブ時代、同じ学生として学校で顔合わる程度だった彼。
ジュネーブ室内オーケストラのソリストである彼はあまり、学校のイベントじゃ演奏してるヒマなかったらしい。

実際に一緒に演奏したのは卒業後、スイスでのお仕事で。
特に彼がレ・タラン・リリックのお仕事にのるようになってからは
しょっちゅう、長期間のツアーで一緒になることが多かったかな?
その頃から、ヨーロッパのあっちこっちの古楽オケから引っ張りだこになっちゃったけど。


今回はちょっと、気分転換に『プラテー』がてら初めての、日本でのヴァカンスを楽しんだってことらしい。
まがりなりにも、あの『プラテー』演奏して、=ヴァカンスって言う彼の実力&体力がすごいと思います。

リハーサルと公演でほとんど『日本』観光をする暇なかった彼にちょっとでも何か面白いこと?

公演終了後の夜、うちのダンナと一緒に近所の銭湯にに行ってきてもらいました。
多分、ちょっとのぼせちゃったんじゃないかな。帰ってきたG君はほっぺたがポーーーっとピンクになってました。
そして、彼の要望でお刺身山盛りの晩御飯!
ヨーロッパでは通常、御寿司といえばマグロとサーモンの刺身くらいしかのってないので
それ以外の季節のお魚で、埋め尽くしてみました!
食べるほうに集中してるから相変わらず写真撮り忘れ・・・



その大騒ぎの中うちで一人ぶーたれてる子が・・・おタヌキ殿。
ブーたれシリウス 丸いシリウスぶー


案の定、1月後半からご飯を食べてくれなくなり、体重激減、血糖値上昇。
2週間おきの定期健診でもしっかりバッテンいただきました。

ただいま、インシュリンの量を増やして、食事療法強化中。
ここのところ、ちょっと食べてくれるようになってきてるかな?
残念ながら、まだ体重が増えるところまでには至ってないけど。


ネコさんたちは同居する大きい猫(人間)の、公私に及んでのストレスを
まっとうにひっかぶってしまうので、私たちがもっと精神衛生上、
しっかりコントロールしていかないとけませんね。((反省))



どこの世の中もそうですが、大掛かりな催し物には必ず、政治的利害がついてまわります。
どうがんばっても、これを避けて通ることはできませんが、
まずは自分が手がける音楽を愛し、最後までその責任を果たそうするのが
私たちプロフェッショナル・ミュージシャンの役目ですよね。

ぼちぼち、疲れがとれてきたのか、やっと、『プラテー』の思い出のふたを閉じることができそうな気がします。


そのうち、フレンチ・バロック・オペラのおいしいところばかりを集めたコンサート、やりたいな~
いつのことかわからないけど・・・
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。