スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンから成田へ

レ・タランリリックでの初仕事はMarie Felプログラム。
確か、2004年だったっけ?
マリー・フェルという当時の有名な歌手をテーマにしたフレンチ・バロック・アリアのプログラム。
そのなかにラモーのCastor et Polluxの序曲、アリアがいくつかそしてシャコンヌが入ってました。

そう、このシャコンヌで私のレ・タランとのお仕事も終止符。
感慨深い千秋楽でした。

さて、翌日。ウィーンから成田へ

大半の同僚たちは午前中の便でそれぞれのHomeへ帰っていきました。
3週間、留守にするとやっぱり大変!
地元に着いて、荷物を家に持ち帰ったらすぐにレッスンをしに行く人も多いものです。
日本のように宅急便なんてサービスはないから、本当に不便。
かといって、3週間分の荷物を引きずったまま、仕事に向かう人はあまりいませんが、
反対に、そのまま次の仕事のツアー先に向かう人も中にはいます。
いつ、おウチに帰れるんだろう。。。

旅がらす・・・気の毒に。


私は、というと、午前中いっぱいアパルト・ホテルで荷造り。
捨てられるものは捨てて、できるだけ軽く、コンパクトに。
なにしろ日本を出るときに、すでにほぼ20kgでしたからね。

ウィーンの空港は街から少し離れたところにあります。
普通の電車で25分、専用列車で10分、さもなくば街と空港を結ぶバス。
費用は片道3.60ユーロから10ユーロ。
タクシーでも大体35ユーロくらいの検討。

空港自体も小規模で、内部も分かりやすいところです。

チェックインはチェックイン機で簡単に済ませて、荷物も
まったく並ぶこともなくドロップ・イン。楽チンです。

のんびりお昼ごはんを食べるつもりで早めに到着したので
レストラン探し・・・
小さい空港なので食事らしい、食事ができそうなところは
あまり選択の余地ありません。とにかく出国手続きを済ませて
空港の中へ。

内部の雰囲気はここ10年くらい、全然変わってませんね~
暖かいお食事ができそうなパブ風のお店へ。

コルドンブルーと白ライス、サラダの日替わりランチメニューをいただきました。
平べったく伸ばした鶏肉にハムとチーズを挟んで、衣をつけて揚げた、いわば鶏カツ。
そんなもの、ヨーロッパに暮らしてるとわざわざレストランで注文して食べるもんじゃないけど、
これを自分で作るとなると、えらく面倒くさい。

出来立てのコルドンブルーにナイフを入れると、とろ~っとチーズが流れ出してきて、程よいソースになります。
ちょっと幸せなひととき!


3週間の疲れが出たのか、ちょっと不調。
待ち時間も長かったので、空いているベンチに座り込んで、ネット!
ウィーンの空港は無線LANの使用は無料のはず。

ところが接続にやたら時間がかかる割りに、いっこうに接続できない。
PCの電池残量は減るばかり。
壁際のコンセントにつないで充電しようにも、このコンセント、いっぱいある割りにどこも配電されてない。

((ダメ))

あきらめて、搭乗まで読書。

ミュンヘンまで1時間。右2列、左3列の小型機で移動です。

EntreVienneMunich
とてもきれいな夕日に出会いました。下に見えるのは雲とアルプスの山頂かな?

ミュンヘンの空港は予想よりも大きくて、ちょっと戸惑いました。
以前の印象となんだか、かわったような?

お店も充実してるし、レストラン、カフェ系列もヨリドリミドリ。

体調さえ良ければおいしいビールでも・・・と楽しみにしていたのですが、
ちょっと今回は無理。あきらめてウインドショッピング。

ウィーンの空港って、やっぱり田舎なんだな~っと実感してしまいました。


この日のミュンヘンは曇&雪。滑走路はかろうじて除雪されてましたが、周辺はかき分けた雪で壁ができてました。

いや~な予感

搭乗は予定時刻通り。乗客全員がそろったところで、機内アナウンス。

雪のため使用滑走路が1本のみに制限されていて、その順番待ち。

離陸する前に機体外に付着している雪を除去する作業に15分かかるので、出発は約1時間遅れる予定。

やっぱり、ですよね。



その割には成田到着30分弱。基本的に平和な旅でした。


トランクは宅急便で自宅へ。手荷物と楽器を持ってそのままリハーサルへ。
と、言ってもダンスなので、かえって身体動かせて程よいリハビリになりました。



もう、旅がらす生活はおしまい。

私にとって日本に暮らすことが幸せかどうか、キャリアとして一番ベストなのか、いい質問ですが
とりあえず考えた末に決めた私の終身地なので、ここに根を張ってずんずん図太く生きていくことにします。

長い海外生活によい終止符を打てた3週間でした。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。