ラモー公開リハーサル

あらま、もう一晩たっちゃいました。
ジェネラル・リハーサルは無事終了しました。

公開だったので、招待された観客で場内はひしめき合ってました。
でも、不思議と満杯でも一杯って感じがしなかったな~
ウィーンの観客はお行儀がいいのかしら?

正直言って演出はいまいちです。
時代設定もさることながら、あまりにも、舞台上に何も見るものがないって感じ。
魅力、うすいですね~残念ながら。
アムステルダムのときはやたらだだっ広い舞台だったので
その広さをうまく生かして、何もない空間をうまく
魅力的に使っていたと思います。
それに比べるとウィーンは舞台の箱自体は小さいのに
なんで、こう野暮ったい、殺伐感じがあるんでしょうね。

でも、私はオケ・ピットの中から半分くらいしか見れないから
本当のところ、観客席からそう見えてるのかわかりません。

あ、CastorとPolluxがパンツいっちょになるシーンだけは
見ようと思えばよーくみえます。
((ウフフ))

まあ、わたしにとってはラモーのオペラを弾けると言うだけで
充分、幸せです。
気のせいか、なんとなくCルセの出す全体のテンポが少しゆっくりに
なってきたような気がします。
たぶん、本当に気のせいだと思いますが。
何しろここのアンサンブルの特徴は、速い曲はやたら速く、
さらに前のめりになって走る!
どっちにしても全体がそろっていれば問題はないわけですがね。
まさにスリルとサスペンス・・・((私は結構、好きです))

こういう、テンポ感が苦手な人は、きっと聴いていても、実際に
中に入って弾いてみても、受け付けないでしょうね~

ちなみにオペラは1幕がスタートして、休憩を1回はさんで、
最後のカーテンコールが始まる時間までが3約時間でした。
意外と短かったな~


さて、本日OFF。
久しぶりに朝寝坊をしてしまいました。1年ぶりくらいかな?
ちょっと気が緩んだのかもしれません。
ついでに身体全体がだるーい感じ。
それでもちょっと街の中心をぶらぶらと・・・
SwarofskiWien
スワロフスキーのショーウインドー、いつ見ても派手よねー

そう、いま冬のセール中なんだよね。ヨーロッパどこ行っても。。。
誘惑に負けないように見ない見ない・・・といいながら
コンサート用のベスト一着ゲット。
思いのほか気温が高くて、もってきた黒服じゃ暑すぎる!
(↑言い訳かな~)
StefanPlaz
ステファン大聖堂。あいかわらず外壁のほとんどが修復集。

気分転換に夜はコンサートへ。
KonzertHausの小ホールMozartzaalで。
KHMozartZaal

VincentDemestre率いるLa Poeme Harmoniqueのコンサートです。
Moulinie, Tessierの曲目を集めた『L'humaine comedie』
歌は4声。
楽器はガンバコンソート+笛+打楽器+当然テオルボ←ボスだからね~

めっちゃ面白かったー。
ちゃんと古いフランス語発音で歌ってました。
ちょっと当時のジェスチャーも入ったり。
(↑全員がちゃんとできるわけじゃないらしい・・)
なによりも歌のレベルもさながら、お芝居がちゃんとできてる!
ミュージカル見てるようでした。

楽器郡にはいろんなう笛をとっかえひっかえふくメラニーちゃん、
そしてトレブルガンバにUかおりさん。
かおりさんの歌うような旋律つくりには圧倒されました。
とくにプログラム最後の曲、TassierのTal lissi manの
即興的歌回し(多分、即興じゃないだろうけど)。
フレーズがとってもアラビックで、一瞬、ガンバのフレット
はずしちゃったのかと思いました。

アンコールも3曲。
2曲目にはなんとジャック・○○←誰だっけ?のLa Seine
アレンジして全員で演奏してましたよ。

拍手なりやまず・・・分かるような気がしますね。

気分良くなって帰ってきました。
ウィーンもまた徐々に気温が下がってきました。
体調管理だけはしっかりしなきゃね!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード