パリからの帰還

パリから帰ってきました。

今回ANAさんで往復したんですが、どちらも事前チェックインを
して空港へ向かいました。
6月中、日本を出るときはeスマートチェックイン、帰ってくる7月は
インターネットチェックインと名前も変わっていてちょっとあせりましたが、
幸運にも無事プリントアウトも出来たので、とってもスムーズでした。
とくに帰りのインターネットチェックインは本当に便利でしたよ~
あの大混雑のシャルルドゴール空港のカウンターについて、ものの2分。
荷物預けて終わり!

なんと気持ちの良いことか。

飛行機の中でも比較的平和に過ごせて、着陸。

荷物を受け取るのに30分待ったけど、税関も出発時に書いて
確認の判子をもらっておいた『楽器、弓2本』の申請書を渡して
実物チェックもなしでパス。

電車の乗り継ぎも完璧オン・タイム。
乗り換えもなぜか電車から降りると目の前にエレベーターが・・・
自宅最寄り駅を降りてみると雨も上がっているし。

なんという素晴らしさ!

たまにはこういう気分のいい旅にあたることもあるんですね~
楽器持ってると旅はいつも気分の滅入ることばかりですから。


帰ってまず早朝バイト先にちょっとご挨拶。
シフト確認などなどをかねて様子を見に出かけました。

トランクの中身を片付けて、洗濯して。

はい、明日からの日本生活復帰に向けて準備完了です。
旅がスムーズ、かつ快適に終了したので気分もすっきりです。

がんばります!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード