パリ最終日’s

パリ最終日

金曜日の午後、ロンドンからパリに戻ってきました。

マレ地区に在住のSさんのおうちにお邪魔しています。
パリ市庁舎から歩いて5分もかからないところ。
パリの活気あふれる、とっても便利なところです。

土曜日はパリの最後のお楽しみイベント。
ComedieFrancaise天井

コメディーフランセーズのお芝居『シラノ・ド・ベルジュラック』
CyranoComedieFrancaise 
開演直前の

すごく面白くて、笑い転げるところばっかりなんだけど、
最後はとっても涙!
((ラストシーンは鼻をかんでる人の多かったこと・・・))

フランス語の会話と言うのはきついジョークの連発でできてるけど
(最初の頃はあまりのきつさにお眼眼がびっくりしてたけど)
この遠まわしのようで直接的な流暢な表現って、やっぱり
すごく印象に残ります。
同じことをただ日本語に翻訳しても全然美しくもないし、心に残らない。
特に役者さんの抑揚と言葉の流れの程よいスピード感が生かされて
さらに言葉が心に響いていく感じ。

演奏、コンサートを通して私もこれくらい心にはっきりとした
強い印象を残せるようになりたいものです。

OperaGarnier
オペラどおり。遠くに見えるのはOperaGarnier

パリで最後にやること。当然お土産!
でも日本って本当に何でもある国なので、ほんと、難しい。
チョコレートも夏はとけちゃうからダメだし。
でも、ちゃんとみつけましたよ~((内緒))


日本帰国は本日、日曜日の夜。せっかくだから朝のミサへ。
フランソワ・クープランゆかりのサン・ジェルヴェ教会は歩いて5分。

パリ最後の静かなお祈りの時間に感謝!

さて、トランクはほぼまとまりました。
20kgちょっとオーバーしてるかも、というのが少々不安ですが。

日本まで無事にたどり着きますように!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード