母の日

一般世間の○○の日というものにはあまり興味のない私も
本日ばかりはちょっと気にかかる「母の日」。

実の母は2001年、あのニューヨーク・ツインタワーがテロで崩壊した
1週間前に他界したので「母」と呼べるのは、今は義母のみ。

日本に帰国してから約半年。
実はまだ一度もだんなの実家に顔を出してませんでした(^_^;)

これを機会に顔見せに行くか・・・



でも、ただ行って帰ってくるのはもったいない!

当然、お散歩好きな我々は徒歩訪問。
同じ板橋区内に住んでいるとはいえ、全く対角線の端と端。
約1時間の行程です。

我が家はかなりの高台にあります。
なので行程はアップ・ダウンも多く、商店街、公園、川なんぞを
横切りながら、結構、楽しみました。

北一商店街を抜けたあたりにはこんな光景も・・・

北一馬頭観音

馬頭観音さん!
交差する道のど真ん中にあります。

板橋区は緑も多いし、町の伝統文化財なんかもたくさん残っていますね。


メインの「母の日」行事は義母に3色のカーネーションを捧げて、
義父も加わり、4人でおしゃべり3時間。

帰りも徒歩。少し横道に反れながら。
それでもやっぱり1時間。

連れ合いのほうは本当の徒歩、私は自転車でゆるゆると。。。



日差しも強く、暑い一日だったので、結構疲れました。
((朝もはよからバイトだったしな~))

目がシバシバ・・・紫外線にやられたかな?



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード