スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナモン&レーズンケーキレシピ完成

2回目にして、レシピが完成しました。

シナモン&レーズンケーキ・レシピ完成

写真は長方形のパウンドが他ですが、

15センチくらいの丸型用レシピです!

マーガリン 40g
キャノーラ油 40g
砂糖 60g
大き目の卵 2個
シナモンパウダー 5g
ベーキングパウダー 小さじ1
ヴァニラエッセンス 少々
小麦粉 80g
レーズン 30g (ぱらぱらとよくほぐして)

↑上から順番に混ぜていくだけ。

オーブンは予熱+210度で35分

焼き上がりはちょっと外側が固めですが、一晩たつと中のレーズンが
しっとりとした果汁を出してくれるので、やんわり。


お試しくださいな。


写真は昨日の2回目(レシピ完成)のときのものですが、
今日、丸型で3回目を焼いてみました。
マーガリンが足りなくて、キャノーラ油とオリーブオイル半々で。
明日のリハーサルのときのお茶菓子に持っていくので、
まだお味見できませんが、なんか、これまた美味しそう。

バターのほうが美味しいし、香りもいいんですが、
やっぱりちょっと胃に重たくなるので、マーガリンとかそのほかの
植物オイルを混ぜて焼くようにしてます。


さて、明日から今週末のライブに向けてリハーサルです。

ボワモルティエ、ランベール、マラン・マレなどなど、
またフランス漬け!楽しみです(^^)v

ライブは23日カフェ・トリオンプ(末広町)、
25日カーサ・クラシカ(赤坂)ですよ~
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。