フレンチ・クリスマスは続く・・・

さて、下関から福岡へ。

新幹線のあと地下鉄にのりかえて福岡市内のホテルへ。
福岡の日仏学館のすぐ近くでした。

実は経費節減のため、フランスからヴァージナル(小型の長方形チェンバロ)を
持ってきてるのでそれを持ち歩いての移動。
人数に加えて荷物、楽器類、+仏人特有のぞろぞろ・ざわざわ行動。
時間がやたらとかかります。

仕方ない・・・


コンサートは大変好評でした。
演奏者側から見てもほとんどミスらしいこともなく、なかなかよかったのでは?
なので

でも、当然と言えば当然。
なぜならやたらとリハーサルが。
コンサート当日に午前中はバランスといくつかの曲のチェックのため、
午後は曲間のつなぎのためのプログラムの通し、それぞれ2時間前後の
リハーサル。
そして夜はコンサート。

(これで結果が良くなかったらもう、職業変えるしかないでしょう)

でも、こんな調子で毎回やってると体が持ちません。
リハーサルしてないと安心できないんでしょうかね~
みんな、若いってことかな?(私はもう、オバサン?)

コンサートに来てくださった方々の反応はプログラムの統一性にかなり高得点。
でも、やっぱりシャルパンティエの宗教曲はあまり演奏されるチャンスがないようで
物珍しさがあったようです。
福岡ではバロック音楽自体はもう充分、なじんでいるのに、演奏されるプログラムには
まだまだ偏りがあるのでしょうか。


その翌日、福岡でオフの一日を過ごしてから、彼らは京都に移動。
私はそのあと2日間、福岡に残って実家のお掃除。
残してあった和服やコンサート・ドレスなんかをまとめて、本の山を整理して
お片づけ。
結構、筋肉がこわばってしまいました。
でも、この2日間は博多の天然温泉付ホテルに宿泊。
しっかり、大浴場で身体をほぐしてきました。


さて、明日は早朝から京都へ移動です。
午後、リハーサルの後公開ジェネラル・リハーサル。
((((結局リハーサル))))


早く寝なきゃ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード