スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチ・バロックのクリスマス

久しぶりにネットに接続しました。
只今福岡ですが、10日前の出来事から。。。



京都までの夜行バスの旅、意外と快適でした。
心配していた荷物も、結局は荷物置き場があったりして、問題なし。
ただ、バス内の温度を25度に設定してあるのにはあきれました。
狭いのに暑苦しい・・・


京都でのリハーサル、まる4日間。
結構、きつかったな~。

オーケストラや室内弦楽合奏と違って、パート分担や演奏効果の都合で
弾くところ、弾かないところが決まるし、状況にあわせて変わるので、
自分が弾かないはずのところも、意外と気を抜けない。
クリスマスの宗教音楽ということもあって、歌詞の重要性が高いので
楽器奏者も、かなり歌詞をしっかりリズム付で朗読練習。
その上、二つのアンサンブルのコラボなのでメンバー全員、お互いが
馴染む(音楽上のテクニックとか、その人の性格とかも含めて)まで
ちょっと時間かかったりして。
いろいろ、大変・・・・

下関の公演は川棚温泉でした。
川棚グランド・ホテルさんのホール、168畳あるとか。
かなり奥行きがあります。

コンサートは地元で応援・後援をしてくださった方々、中学生さんたちの
グループも見受けられました。
古楽のコンサートは今回が初めてとおっしゃる方々もかなりいらしたようデス。
今回のプログラムではあまり軽いノリの曲がなかったので、
ちょっと退屈かな?っと心配してましたが、意外と好評。
優雅なバロックの雰囲気を楽しんでお帰りいただけたのでは、と。

演奏者側のほうは・・・
スポットライトの暑さでチューニングが大幅に狂ってしまったり、
ちょっとしたタイミングのズレなんかがあって100%OKとはいえませんでしたが、
それでも、プログラム全体のムードを充分に出せたと思います。
なので

それにしても、川棚温泉グランド・ホテルのスタッフの皆さんには新下関駅に
到着したときから、次の目的地、福岡に発つその日の朝まで、
本当にお世話になりました。
初日から温泉にたっぷり疲らせていただいて、リハーサルの疲れを回復。
名物料理を次から次へと、賞味させていただいた上にコンサートの後は
ふく(フグ)のフルコース!
珍味・美味に感謝です。

ありがとうございました。






スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。