おなまえニャン

ボクは中山ティガーです。よろしく!!
お名前札ティガー

待ちに待ったお名前札が届きました。首輪にやっとこさ、くっつけました^_^;
(プチポン盛岡さん、ありがとうございました!!)

発送が遅くなったからとおまけのトンボのおもちゃまで、いただいちゃいました。
ありがとうございます。

この通り、早速・・・
トンボとティガー①
トンボとティガー②
トンボとティガー③
トンボさんの原型は、あと何日、もつのやら???

人の住めなくなった福島で、3年前のあの日からいきなり放置されてしまった動物さんたちのため、
または人間のエゴで見捨てられた仔たち、
またはやむを得ない事情から、どうしても一緒に住めなくなってしまった愛犬・愛猫さんたち、
そんな数多くの保護っ子たちを、日々の生活と並行して、一生懸命いつくしんでくれいるボランティアさんたち。

お恥ずかしながら、私には微々たることでした活動に参加することしかできませんが・・・



1年半前、うちのティガー君は福島の保護シェルターからやってきました。

お外を眺めたり、風にあたるのは大好きだけど、
家の外に出る気はあまりなさそう。
いまだに来客があると、息を殺して、隠れてしまいます。

保護されるまでの1年近い野生生活はきっと世にも恐ろしい経験を、どっさり、しちゃったんでしょうね。

相変わらずのビビりの介、ティガー君。
でも、抱っこはあまり好きじゃないけど、お膝にのっかるのは大好き。
真夜中の大運動会はなかなかの大さわぎです。

すっかりうちのムスコです。



住民が住民として暮らすことのできなくなったあの地域には
まだまだたくさんの動物さんたちが生きています。
野生動物も家庭で愛されていたペットさんたちも区別なく、
過酷な環境のなかでサバイバルしてるんですよね・・・

あっちこっち切れてるティガー君の耳に触れるたびに、
原発という人間のつくりだした罪の象徴と、
いまだに存続されている原発計画というものへの脅威を感じます。


福島のような特別な環境だけでなく、
普段から身の回りにいる小さな命の存在、その尊さを
もっともっと感じながら、生きていく社会になってほしいですね。。。
スポンサーサイト
プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード