スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほのぼの☆でも、ご多忙な毎日

日が差し始めた午後。今日も窓辺でうつらうつら船こいでるティガー君。
いつもの調子でキッチンで調理後の後片付けをすませて、
練習をはじめたら、そのまま突っ伏して眠りこんじゃってました。

練習しつつ、このクッキーの焼け具合を鼻と眼で楽しみつつ…
贅沢、かつ、わがままな午後の始まり。

20140223ねむいにゃん 201402クッキーz


ところで、ほんの数日前、ついにモダンのヴィオラをゲットしてしまいました。

いままで、バロックで、コンサートはもちろんですが、
レッスンでもなんでも代用してすませてっちゅうか、
ごまかしてきたのですが。
やっぱりプロとして、このままごまかし続けるのは、
許しがたいことのような、罪悪感を感じておりました。

私が教えてる音楽教室M楽器はその名の通り、楽器屋さんなのであります。

なので、弦楽器アトリエ担当の方にお願いして、
いくつかピックアップしてもらっていたのですが、

約束に時間にアトリエに行ってみると、
いやはや、ホントにピンからキリまで、ズラリと並べて
待っていてくれました。

ひ~~~!!!

一番安い楽器をホイッと決めて、とっとと帰ろうなどと思っていた私は甘かった…
でも、正直なところ、うれしかったです。

ヴァイオリン弾きが弾くヴィオラのレベルなんてたかが知れてるのに、
とても真面目に相談に乗ってくれて、時間を割いてくださって。

バロックではしょっちゅうヴィオラを弾いてますが、
幸運なことに、私の楽器は大きすぎないサイズの、とても弾きやすいので
演奏上に苦労したことはありません。
ただ学生の頃(もう20年以上前)持っていたヴィオラは
とっても大きなサイズで、左手の関節がそのうち外れちゃうんじゃないかと
思うくらい辛くて、すごく苦労しました。
身長あるし、腕長いから手のひらも当然大きいと思われがちですが、
私の手のひら自体はかなり小さめなんですよ~左小指短いし。

そんなこんなでヴィオラのサイズは要注意点なのですが・・・

さんざん迷った挙句に、最後には音質重視で、
持っているバロックヴィオラよりも1センチ大きなサイズの楽器に決めました。

深みのある、ヴィオラらしい音の楽器です♡

ただしその1センチ。
たかだか1センチ、されど1センチ。

確かにちょっと大変。
楽器に慣れるまでは左手の運指をうまくマネージしないと、
すぐに腱鞘炎を起こしかねない。
反対にいえば、指使いもヴィオラのための運指を選ばないといけない
ということだから、勉強にはなります。

も一つ苦手なのはあごで挟むこと。(笑)
バロック楽器になれちゃうと、ついついあご外してひいちゃいます。
モダンの生徒さんたちにはとっても悪いお手本になっちゃいますね。
気を付けないと!!


と、いうことでまたもや練習する楽器を増やしてしまいました。


2月は大雪の日でお家におこもりの日が続きました。
お陰さまで、気持ち的にはのんびり過ごせたかな。

久しぶりに料理、お菓子など、思い付きで作ってみたのであります。
アップルケーキ♡
バターじゃなくてオリーブオイルを使用しているので生地が重ったるくならないのです~

201402焼きたてアップルケーキ 201402お茶の時間アップルケーキ

ほのぼのしつつ、ばっちり公私ともに欲求を満たす、有意義な日々です。
スポンサーサイト
プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。