ウィーン、最後の休日

本日、ウィーン最後のOFF日。

すこしは観光らしい観光でもしようと昨夜寝る前に
シェーンブルン宮殿へのアクセスなんかを調べて
おいたのですが、朝起きてみて窓の向こうの真っ白い
世界を見て、「やめた~」

真っ白といても雪ではなく霧と霜。ついでにしっかり曇り。

はぁ~((ガッカリ))珍しく遊びにいこうと思ったのに。


のんびり朝ごはん食べて、メールうったり・・・午前中は
過ぎていきました。
近所のスーパーに買い物に行って。
(このスーパーで買い物するのも最後よね~)

しかし、このままぼんやり貴重なる休日を終わらせてはならない!
っということで、お散歩に出かかけることに決定。

タイツの上にパンタロン、当然レッグウォーマー。
ヒートテック+長袖Tシャツ+ウールのカーディガン。
ダウンジャケット、3重巻きマフラー。
とどめには+日本じゃ恥ずかしくてかぶれない超防寒帽子。

トラムにのって街の対角線側Rathausまで行って、いざお散歩。

私の大好きな教会めぐり!
目標は地図にあるVotivkirche。

でもRathausのまえにある公園がこの1月中は野外
スケートリンクになっているのをみて、ついついそちら側へ。
野外スケートリンク1
見事な氷!
公園の歩道をうまく使ってうねり曲がったスケートリンクです。
一箇所小さい子供用リンクになっているなんて、さすが!
野外スケートリンク2
ペンギンとパンダのスケート補助器
かわい~

入り口付近のスタンドでほっとワイン発見。
早速、お味見。(いや、寒いのなんのって)
野外スケートリンク3

ワイン自体は3ユーロ、カップ代2ユーロ。
飲み終わったとカップを返すと2ユーロ返してくれます。
寒いからかなんだか、とってもおいしかったです。
野外スケートリンク4
カップには2011年ウィーン野外スケートリンクって
プリントされてます。
スタンドごとに作っているようです。

貸しスケート靴コーナーもあるし・・・いや、だめ。
おドジな私が、いま、ここで大して得意でもない
スケートなんかして、こけて怪我して仕事に穴あけたら
また、笑い話にもならない!
ちょうど1週間前にひどい火傷したばっかりだし。
(大体、まだ火傷は水泡状態で完治どころじゃないし)

ワインでちょっとはにゃらか状態でしたが目的の教会へ。

Votivkirche1

ゴシック建築の塔が二つ、聳え立っております。

近づいてみると、なんだかいやな予感が。
Votivkirche2

閉まってる?一周してようやく入り口らしきもの発見。
公開時間が書いてある。。。え?4時半~?
今、2時半。

こんなくそ寒いのにそんなに待てない。
もう、足の先の感覚もなくなってきてるし・・・
身体が寒さでブルブル

靴下の重ね履きと背中にカイロも必要だった((涙))


あきらめてトラムにに乗って帰途へ。
あまりの空しさに途中の乗換えで駅のスタンドによって
BratWurstをかじりつきました。
Bratwurst
チーズ入りの焼きソーセージ。
こういう時って、高々ソーセージでも涙が出そうに
おいしく感じるものです。。。

ホテルに帰ってロビーでマグカップで温かい飲み物。
カフェオレとホットチョコレートとホットエクスプレスチョコの3杯。


それでも夜はMusikvereinへ。
立見席をゲットしたWiener Symphonikerのコンサート。

Musikverein

シュミット(だっけ?)作曲、ベートーベンの主題による
左手のためのピアノコンチェルトとマーラーの交響曲6番。
ピアノソロはカルロ・グランテ、ファビオ・ルイジ指揮。

開場30分前には並んで順番確保。
列を離れず立ち見部屋のオープンとともに1列め確保!
ここはStaatsoperと違って場所も限られてるし、幅も狭いので
一番前じゃなったら何も見えません。
身長180以上なら、あまり心配しなくていいだろうけど。

久しぶりに超モダンオケ聴きました。
たまには聴くのは楽しいですね~
あれを自分で、毎日弾くのはいやだけど・・・

左手のためのコンチェルトって初めて生で聴いたけど、
いや、見たというべきか、すごいです。本当に左だけ。
マーラーは弦楽器の人数も倍に増えて、金、木管楽器が
ずら~と並ぶし、打楽器も4人で派手になるので、ほんと
迫力です。

ただし、長い。。。

まあ、普段平気で7~8時間立ちっぱなしで仕事してるから
立ってる分には全然平気だけど。
反対に立ってる分、居眠りしたりしないから、返ってよかったかも(笑)


帰りにトラムにのったら、発車もしないうちから降ろされた。
誰かだ車両のどこかで派手に○○をはいてくれたらしい。

車両を取り替えなきゃいけないからこのトラムはここで終了、
全員乗客は降りるべしなのだと。

歩いてかえっても10分。次のトラムがくるまであと10分。

歩くしかないでしょ。


((おかげさまで、また凍えきってしまった))


冷凍、解凍を繰り返す一日でした。
スポンサーサイト
プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード