久しぶりのご報告です。

遅ればせながら・・・ご報告。

3月24日(木)、カフェ・トリオンプさんでのライブに
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
しっかりと義援金として、日本赤十字に送金してまいりました。

ガンバ2本でマラン・マレの作品を2ステージ、約2時間。
音楽とともに、お食事、お菓子、そしておしゃべりを
お楽しみいただきながら、ちょっとでもホッとする時間を
お過ごしいただけたのなら、幸いです。


その同じ週の週末、3月27日(日)は、東戸塚の
ジャルダン・デ・ミュージシャンで『四旬節のメディテーション』公演

キリスト教の暦では、いまは復活祭を迎えるための
準備期間「四旬節」の時期です。
キリストの死と復活を瞑想するにふさわしい、
シャルパンティエの宗教曲のみでのプログラム。

このジャルダン・・・さんはヨーロッパの教会での残響みたいな
音響で、なんとパイプオルガンも設置されています。
残念ながら、広さとしてはかなり小ぶりなので、
今回のお客様の定員は30名!

当然のことながら、満席でした~

実は当時、フランスで演じられていたジェスト(Gestuelle)つきの
公演だったんです。
プログラム・メインの作品アブラハムとイサクの物語を、
歌手の方々はシンプルながらもお芝居付、このジェスト付で
演じてくださいました。
準備、大変だったでしょうね。
当たり前ですが、暗譜もしなきゃいけないわけだし。
(私、暗譜、超~苦手・・・)

器楽奏者にとって、この手の音楽の難しさはテンポの変化なんです。
まずは歌詞が自然に聞こえる速さを知ること、
そしてそれぞれのテンポの変化を自然につないでいくことを
考慮したうえで、当時のプロポーション→(当時の規則に
したがって、各々のテンポの基本的バランスの取り方)で
スムーズに音楽をつないでいくことがポイントになります。
ある程度、慣れが必要ですけどね((笑))
あ、でも現代曲のテンポとか拍子の変化に比べれば、かわいいものです。

いや~、宗教曲に限らず、やっぱりフランス・バロックは本当にすばらしい!
この秋には新しいプロジェクトを画策中。
あまり知らせていないフランスの宮廷音楽をもっともっと、
紹介していきます!


で、なんと4月23日は初期イタリア。
~モンテヴェルディ歌謡曲~と題して、歌手3人のにぎやかなプログラム。
恵比寿のアートカフェ・フレンズさんで、お昼のライブ公演です。

チラシやお店のスケジュールには私の名前はありませんが、
実はちょこっと登場します。
そして、1年数ヶ月前、パリから遊びに来てくれて、ついでに一緒に
ライブで演奏してくれたミゲル君が、テオルボで今回も参加!
繊細で、インテリジェントで、でもちゃっかりお茶目な
ミゲル君の演奏は見逃せませんよ~


しかーし、ここのところ毎日、毎日、朝から晩まで忙しくて、
移動中も空を見上げることがありませんでした。
ツイッターで、桜=満開の文字を見て初めて、周りを
見回してみました。

ほんとーに桜が、いつもの間にやら満開になってるし。
((ショックです))
でも、美しい桜が、超ご多忙の今日この頃のストレスを
ほんのちょっと和らげてくれました。


ふと、思い出した一言。
パリで洗礼を授けてくれた神父さんがよく言ってた一言なんですが、

If faut vivre! (生きるしかないよ)

このvivre(=life英語)は辞書引くと生きるって意味なんですが、
神父さんはすごく奥深い意味で使ってるんですよね。

震災、原発、余震と、世情は落ち着きませんが、人間、
とにかく毎日を誠実に、シンプルに生きていくしかないですね~。










スポンサーサイト

第5回目公演、今日のテライール役の方は絶好調でした。
日に日にカーテンコールでの拍手喝さいが大きくなってるような気がします。
観客というのはその日の公演の出来、不出来を如実に評価してくれるものですね。


お仕事前にランチのRdV(ランデブー)

Castorのコーラスを歌ってる方のおうちへ・・・・
現在はこの劇場(An der Wien)の合唱に籍を置いているバリトン(←多分)歌手。
セカンドJobとして建築・インテリアデザインも手がけているとか。
奥様が日本人で、同じく劇場の合唱に所属している歌手さんで、
鎌倉出身の方。

是非、お会いしたわっ!てお願いしたらランチにご招待いただきました。

初めてお会いするのにご自宅にお邪魔するの、ちょっと気が引けるけど
でもお家訪問、大好きなので、喜んでずうずうしくお邪魔させていただきました。


古い建物のアパルトマンは土台がしっかりしてて、壁もぶあついものです。
部屋の配置は不規則だけど、スペースも充分広くて天井が高くて窓も大きい。

炒めたオニオン、チーズをのせてオーブンで焼いた
鶏肉のクリーム煮をメインにパスタを添えて。
デザートにメレンゲにマロンクリームのモンブラン、
ホイップクリームを添えて。
(写真を撮らなかったことを後悔!)

どれもこれも、美味の一言に尽きます!
ごちそうさまでした~


さて、ここでなぜモンブランか。

実はこのご主人のほう、スイス・フランス語圏出身。
スイス(ジュネーブの辺り)とフランスの国境には観光の目玉、
シャモニー・モンブラン(山)があります。

お恥ずかしながら、ご自宅にお邪魔するまでスイス人だと
いうことも存知あげませんでした。
彼はあまりおしゃべりなほうじゃないから・・・
(↑あ、フランス人じゃないってことか)

でも初めて彼と話したときに、なんかフランスっぽくない
フランス語だなと、思ったんですよね。

彼のほうは昼間Staatsoperでのリハーサルがあるとのことで
デザートの時間になってご帰宅。
それまでは奥様とたっぷり日本語でおしゃべりさせていただきました。

お互いの情報交換は勿論のことですが、ウィーンでの生活のこと、
お仕事での経験談などなど。
ご実家は代々カトリック信者さんとのこと。
どうりで・・・とても落ち着いた気持ちでお話できました。

ご主人が帰宅されてからは仏、日、独の三角形会話。
でも、素晴らしくスムーズにおしゃべりできましたよ(笑)

ご主人はスイスではミシェル・コルボさんのところで歌ってらしたとか。
よくきいてみたら同じ頃、同じ時期にジュネーブの古楽センターにも
出入りしていたそうな。
お互い、知っている先生やスイス・ロマンド地方の演奏家の名前を
挙げてみると、いるわ、いるわ、同じ知り合い。
(当時、絶対どこかで顔あわせてるに違いない!)
まあ、もう15年以上前の話だから。。。


オーケストラの仕事でコーラスの方と親しくお話しすること、
ましてや初対面でご自宅にお邪魔することはめったにありません。
でも今回に限っては、なぜか、こういう出会いの機会に恵まれました。

ご縁て言うのは、不思議な力が働いているものなんですね。

Kさん、Nさん、お忙しい中、お忙しい中、ご招待してくださって
本当にありがとうございました。


さて、ぼちぼち仕込みをはじめないと・・・

11月3日のフライヤーです。
ルネッサンスのつづり、よく見たらひとつsが足りなかった。。。(^_^;)

11月3日Sola

ま、でもいいっか。

と、いうことでみんなでフランスのルネッサンス・ダンスを踊りましょ!

とにかく1回目なので、まずはあまり激しい動きのない、
単純なダンスからスタートします。
初心者、大歓迎

2回目、3回目と続くことを期待しつつ・・・

SOLAだにゃ~

Solaねこ
Solaさんでのコンサート、無事に終了いたしました。

ご近所の方だけでなく、わざわざ茨城から、または多摩、横浜から
などなど貴重な週末を裂いてきてくださった方々、本当に
ありがとうございました。
皆さん、アットホームな雰囲気の中、熱心に聴き入ってくださいました。
木の香り漂う素敵なロッジ風のおうちで、リラックスしたコンサートにでしたよ。

お子様たちも数人来てくださって、コンサート中走り回るどころか、
じっと座ってとてもいい子にしていてくれて・・・
お客様席の前に低テーブルが4つ。
そこでみんな静かにお絵かきしたり、遊んだり。
(↑Good Ideaですね)

バロックは堅苦しそうで苦手とか、珍しいおんがくですね~って
おっしゃるかた、残念なことにまだまだたくさんいらっしゃいます。
バロックやルネッサンスなどの古楽音楽をもっと気楽で身近な
ジャンルのミュージックとして皆さんと楽しんでいけたらと
考えさせられました。

これからもいろいろなおもしろい企画、作っていかなきゃ!


余談ですけど、
土曜日の午後、初めて飯山満駅に降り立ったのですが、
新興住宅地らしく、まだ駅の周りは工事が多い。
でも、駅構内にある地元名産品コーナーには注目!

早速、美味しそうなニンジンと古代米小袋をゲット。

実はコンサート前からうきうき、ご機嫌だったワタクシでした((微笑))


さて、あと10日でパリへ出発。オペラが待っている~♪

でも、そのまえにやることが山積みです・・・(((^_^;)b

パリ・マレ地区

今日、いきなり予定外に、
ご近所のYYと一緒にお買い物に出かけた。
彼女のお友達にBaby誕生で、そのプレゼント探し。

Les Hallesのショッピングセンターのなかを回り、
いろいろと悩んだあげくやっと貢物は決まった。
そのあと2人で少しぶらぶらしてから、
お散歩も兼ねてマレ地区のほうまで歩いていってからお茶。

Bla,bla,blaと、おしゃべりしてたら
彼女のお仕事仲間のPJが電話してきて合流。
(PJは結構売れてる♂歌い手さんです)
さらに、Bla,bla,bla・・・しばらくして今度は彼のお友達Axが合流して
今度は晩御飯を一緒にすることになった。
レストランに移動してテーブルについてから周りを見回すと、
お客さんのほぼ9割は♂。

ここ、マレ地区、
特によくコンサートに使われるBilletteの教会辺りは
○○ちゃんたちの集まる有名なカフェやバーばかりで、
眼に映る風景はやたら妖しい目線のお兄さん達。
さらに合流してきたPJとAxの会話も、
恋の駆け引き、○○カップルの悩みなど。

う~ん、この○○の世界。
慣れてるとはいえ(ヨーロッパの♂音楽家には○○が大半を占めてるからね)
やっぱり観てるとつい凝視してしまいそうになる。
それにしても、彼ら○○さんたちの積極的アピールには驚かされる。
それに、本当に真剣に駆け引きを楽しんでるみたい。
生き生きしてるんだな↑こういう会話をしてる時って。

少しは見習うべきなのかしら?
プロフィール

まるまりこ

Author:まるまりこ
ヨーロッパに暮らして17年、日本に帰国しました。17年はあっという間にたっちゃいました。いい経験をいっぱいさせてもらって…。

HPはページ下の方にリンクしてある、まるまりこ'sHP『陽だまりティータイム』をクリックしてね。

イタリアの16・17世紀の音楽に惚れ込み、留学当初はミラノに暮らすつもりで来てみれば、ひょんな事情からスイス・フランス語圏のジュネーブに落ち着き、しばらくはこの2カ国を行き来して、学生生活を楽しんでました。
段々に興味も広がって、18世紀・19世紀のヨーロッパ各国の音楽にレパートリーを拡大していくうちに、オランダやフランスへも出没。シメにはパリでフリーのミュージシャンとして活動。
ヴァイオリン弾き、そしてたまにはガンバなんかも弾きます。

子供の頃から日向ぼっこしながら、お布団に包まって縁側に転がってるのが一番の幸せドキドキだった私。いまだに陽だまりでお茶をすすりながら丸くなって座って、いろんなことに思いをめぐらせています。

***************************
パリで一緒に勉強した仲間とスタートしたアンサンブル
“Harmonia Grave e Soave”
ホームページはこちら→http://shin1.free.fr/HGS/

このグループでの活動は堅苦しい堅苦しいイメージを、もっと気軽に、スウィング感覚で楽しんでもらえるとうれしいです。パリで出会った仲間達だけど、みんなフランス以外の国でも勉強してきたから、このミックスが面白い!
近頃は正式に料理人としてもお仕事してます。といっても、得意な欧風家庭料理のみですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード